LoRa 920MHz帯 ISMバンド

LoRaという通信規格について色々と調べています。

モジュールも2種類くらい出てきているようです。

 

特徴を書き出すと、

•周波数帯:920MHz@日本

•距離:超長距離(5km〜15km)

•消費電力:RXの時15mA程度、TXの時50〜150mA程度

•通信速度:12kbps程度(追記:FSK使うと300kbpsまで行ける見たい@2016/10/9)

 

超飛ぶのに、飛ぶにしてはかなり程消費電力です。

wifiとか100mも飛ばないのに同じくらいの送信電力だと考えるとわかりやすいかも。

ただ、通信速度はそんなにないので、IoT向けということになるのでしょうかね。

 

日本にはまだまだゲートウェイが全然なくて、

ただ、SORACOMの人たちが一生懸命頑張っているようです。

ゲートウェイが自分の近くにないって人は、

自作が可能です。

 

The TingsというWEBで面白いことが色々できそう。

今週末にでもikegam氏に手伝ってもらってゲートウェイを作ってみようと思います。

https://staging.thethingsnetwork.org

 

 

海外でも、Microchipがモジュールを出した段階でかなり盛り上がってるようです。

https://www.thethingsnetwork.org/forum/t/issues-with-915mhz-lora-setup/1115

海外の方がモジュールにつけてるアンテナがめっちゃ適当で面白かったりする。

あとは、SMDのパターンに直で電線はんだ付けとかしてて、かなりホビー感満載でいいですね。

とても、面白いです。

 

ただ、このMicrochipのモジュール、

私が2週間程前にデジキーで買った時はまだ在庫がたくさんあったように思いましたが、

昨日見た段階では在庫ゼロになっていました。

じわじわと注目されているようですね。

広まることってとても大切ですから、結構期待できる新しい無線通信規格になるのではないかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。