CC5X -> XC8 PICプログラム書き換え(2)

お仕事です。
タイトルの続き。

オリジナルプログラム
以下設定を羅列。
*内部発振を1MHzに設定
*アナログ入力端子とデジタル出力端子を設定
これらは下記で変換プログラムを記載

関数 : void main()
void  main( void ) {
GPIO |=  0x03 ;
sec_cnt  =  0 ;
ad_wk    =  0 ;
bwk      =  0 ;
while( sec_cnt < 10 )  { ; }

while( 1 ) {
ADCON0  =  0x8d ;
sec_cnt  =  0 ;
if( ad_wk  >  558 ){
bwk  =  29 ;
}else{
bwk = 9;
}

while(sec_cnt < bak){ ; }

ADCON0 |=  0x02 ;
while( 1 ) {
if( ! ( ADCON0 & 0x02 ) ){
ad_wk  =  ADRESH;
ad_wk  =  ad_wk << 8  ;
ad_wk |=  ADRESL      ;
ADCON0  =  0x89 ;
break;
}

・・・・・・・この後も続くがとりあえずここまで
}
}
}

 

変換プログラム

*内部発振を4MHzに設定
OSCCON = 0b01010010;

*ADpinはAN8とAN9に設定
ADCON2 = 0b10101100;
ADCON1 = 0x00;
ADCON0 = 0b00011101;
ANSELbits.ANS8 = 1;
ANSELbits.ANS9 = 1;

*LED、トランジスタのデジタルピン設定
C3とC4に設定(とりあえず全てoutput)
TRISC = 0b00000000;

sec_cnt  =  0 ;
ad_wk    =  0 ;
bwk      =  0 ;
while( sec_cnt < 10 )  { ; }

while( 1 ) {
PORTCbits.RC4 = 0;
PORTCbits.RC3 = 0;

ADCON0  =  0x8d ;
sec_cnt  =  0 ;
if( ad_wk  >  558 ){
bwk  =  29 ;
}else{
bwk = 9;
}

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。